本文へスキップ

特定非営利活動法人リンパ健康学普及協会

電話でのお問い合わせはTEL.0143-84-4774

〒059-0014 登別市富士町4-28-1

からだに生かすリンパの知恵

特定非営利活動法人リンパ健康学普及協会

新着情報 11月1日
 新資格養成講座(平成30年4月から実施予定)
 ・ロコモサポーター養成講座
  
「健康の知識講座4・からだのしくみ講座6」と「予防法・対処法」を学びます。
 新医学講座(平成30年4月から実施予定)

 ・健康の知識講座
  1.メタボと肝臓疾患
  2.循環器疾患と脳血管疾患
  3.認知症と糖尿病と腎臓疾患
  4.ロコモとサルコと骨粗鬆症
  5.肺炎と風邪症候群と感染症
  6.がんと自己免疫疾患
  7.病院と検査の仕組み
  *別途「健康の知識」教本費用
 ・からだのしくみ講座「生活に生かせる解剖生理学」
 
 1.体の構造と恒常性
  2.肺と呼吸器系
  3.心臓と循環器系
  4.血液と腎臓と脾臓
  5.リンパ器官と免疫
  6.筋と骨格系
  7.消化器官@「口腔・咽頭・食道・胃・十二指腸・膵臓・胆嚢」
  8.消化器官A「空腸・回腸・肝臓・盲腸・虫垂・結腸・直腸・肛門」
  9.生殖器と副甲状腺と甲状腺と副腎とホルモン
  10.脳
  11.神経
  12.目と耳と鼻と口の感覚器
  13.皮膚と体性感覚と免疫
  *別途「解剖生理学」教本費用


特定非営利活動法人リンパ健康学普及協会では、三つの事業に取り組んでいます。

@リンパ学とリンパ健康学の普及事業(無料)

無料リンパ教室「からだに生かすリンパの知恵」はリンパ学からみた体の仕組を知って頂き健康に役立てていただく事業です。
「からだに生かすリンパの知恵」*5名以上の人数で出張して伺います。
 
生活で生かす医学の知識と健康の知識と実践を学ぶ教室

A人と医学を繋げる中間支援事業(有料)

リンパ学及び医学の知識を持つ資格者が地域で活躍できる場を作り、地域の人と医学を繋げる役割を担う事業です。
「医問聞サポーター」
 病院に行って医者の話しを一緒に聞き、質問し、理解しやすく説明することができるサポーターです。身内が遠方 で病院に一緒に行くことができない方の代わりに医者の話し聞き説明します。
「ロコモサポーター」
 ロコモティブシンドロームやサルコペニアの知識と予防法を学び、地域で活動できるサポーターを養成します。

B医学の知識と技術を持った資格者の認定と専門的な研修を行う事業

資格者の認定はリンパ学や医学の知識とリンパ健康学の技術を身に付ける専門家を育てる事業です。
「ロコモサポーター」「医問聞サポーター」「からだづくりアドバイザー」「ホームケアセラピスト」
「リンパケアセラピスト」「ベビーケアセラピスト」「フェイスアケアセラピスト」

専門的な研修は医療機関、学校、PTA、町内会、職場、グループが必要なリンパ学と医学の知識を学ぶ事業です。
「リンパ学と体の関係の知識」「医学の知識」「健康の知識」「手当法の知識と技術」「体の循環体操の知識」
「子どもの体に関わる知識」「美容に関わる皮膚学の知識」「浮腫みケアと知識」など


*協会は会員の年会費により運営されています*